● 食事制限なし筋トレのみで2ヶ月で体脂肪率5%落とした50代女性

ダイエットアドバイザー佐藤雄一です。

昨年、体を引き締めたいという50代の女性から、今はやりの2〜3ヶ月でダイエットを成功させる短期成果型ジムや取り組みについての相談を受けました。その内容に対して僕なりに何度か回答させて頂いていたら、こんなことを言われました。

「佐藤さん、トレーニングプログラムを作ってもらえますか?」

トレーニングプログラム作成には、お金が発生することを確認したら、それでも良いとのことだったので翌週からダイエットサポートを開始しました。週1回90分間、僕と一緒に筋トレをすること3ヶ月間。お客様の体は見事に絞れました。

サポート前は、見た目はいかり肩で肉付きが良かったので男性みたいでした。それが、今ではなで肩になり体脂肪も程よく落ち体がしまったので女性らしい体になりました。ここで証拠写真を見せたいのですが、撮り忘れてしまったのでありません(苦笑)

9293e67c4b7318667e529bb7231db840_s

こちらのお客様は食事制限したくないということだったので、筋トレ指導時に食事のことはアドバイスしましたが、それを実行・管理はしていません。サポート期間は筋トレのみで対処しました。日頃から、フィットネスクラブで筋トレや有酸素運動に励んでいる方だったので、筋トレを嫌がることなくこなしてくれました。

僕が見ていないところでも、黙々とこなしてくれたのでサポート開始2ヶ月で体脂肪率5%減に成功。

本当は3ヶ月後の数値も知りたかったのですが、お客様のご要望により測定しませんでした。体は確実に変わっているので、体重や体脂肪率も減っていると思うのですが、実数値を見るのがこわかったみたいです。

お客様は、体重や体脂肪率の数値が落ちることも目的ではありましたが、一番は体型が変わることだったので、ますは目的を果たしたのかなと・・・。ご自身で取り組んでいた時は体型も数値も変動がなかったみたいですしね。

● 努力と効果が比例していない!有酸素運動を頑張って行っている割には、ちゃんと痩せる人ってがいない。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

ダイエット(体重・体脂肪率を落とす)をしようと決意したアナタ!

アナタは、どんな運動を頑張りますか?おそらく、多くの方が真っ先に思いつくのは、有酸素運動ではないでしょうか?

ダイエット目的で、フィットネスクラブや公共トレーニング施設に通っている方を診ると、みなさん一生懸命に走ったり・歩いたりと有酸素運動に取り組んでいますよね?

そんな方達を診て思うことがあります。

努力と効果が比例していない!有酸素運動を頑張って行っている割には、ちゃんと痩せる人ってがいない。

有酸素運動は、脂肪燃焼効果があるから痩せていいはずなのに?なのに、ちゃんと痩せる人がいないって、どうしてでしょうか?

・有酸素運動を行う時間が足りない?

・有酸素運動の強度(心拍数)が低い?

・運動をしてカロリー消費しても、それ以上にカロリーを摂取しているから?

さて、脂肪量を落とした場合のセオリーって知っていますか?

脂肪の分解をさせて燃焼させる

これがセオリーです。有酸素運動を頑張っておこなっているのに、痩せない(脂肪が減らない)のは燃焼させる前に分解をしていない場合が多いです。

では、脂肪を分解をさせるにはどうしたら良いと思いますか?

Patient at the physiotherapy

筋トレ

脂肪量を減らすには、筋トレで脂肪を分解して、有酸素運動で燃焼させる!

なかには、ちゃんとこの順番でやっているよって方もいるかもしれません。でも、残念ながら多くの方は、筋トレの取り組み方に問題があります。

どんな問題かというと、簡潔に言うと筋トレの量が少なすぎです!

ということで、有酸素運動を頑張っているのに痩せない(体重・体脂肪率が落ちない)という方は、以下のことを見直してみましょうね。

・筋トレの量が足りないのではないか?

・有酸素運動を行う時間が足りないのではないか?

・有酸素運動の強度(心拍数)が低いのではないか?

・運動をしてカロリー消費しても、それ以上にカロリーを摂取しているのではないか?

● 過去に1ヶ月で3kg落としたことがあるから5kgくらいはすぐに落とせると思うんだよね。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

僕がダイエットを仕事にしていると知ると、僕に向かって何故かダイエット宣言をする人が多いです。

3dabb7f52c6bafc1bfb7ace4543efa8f_s

「私、体重を○○月までに○○kg落とします!」

特に僕はダイエット宣言を強要しているわけではありません。でも、不思議なことに面と向かって宣言した方から、その後の報告を受けたことありません。

宣言を聞いたものとしては、失敗でも良いので報告を聞きたいなと思っています。

さて、僕に向かって宣言をする方の多くはこんなことを言います。

「過去に1ヶ月で3kg落としたことがあるから5kgくらいはすぐに落とせると思うんだよね。」

スタートの体重にもよりますが、体重3kgって案外簡単に落ちます。運動と食事の仕方によっては1日で変動してしまうこともありますからね。

僕は2kgの増減は日常茶飯事です。

本当のダイエットは4kg目以降かなと僕は思っています。なので、3kg落ちたというのは、僕にとってはダイエットとは言いません。

3kg落としたことがあるから5kgくらいは・・・という方の多くは、結局はちゃんと体重を落とせていないので、万年ダイエッターから卒業できません。

短期成果型ダイエットの流行で簡単に体重・体脂肪率を落とせると思っている方が多いのかもしれません。ちゃんと運動と食事管理に取り組めば簡単に体重・体脂肪率は落とせます。

でも、安易に取り組んでいる方が多くなっている気がしないでもありません。

あなたは大丈夫ですか?

● 私、筋トレの経験が少ないから自分でやって、少し筋力がついたら佐藤さんに本格的な指導をお願いしようかな。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

3ヶ月間(週2回)のダイエットサポートを行った50代男性。

最初の1ヶ月目で4kg落ちたのですが、きちん自分に合った筋トレ指導を受けることで、毎回なにかしらの感じることがあったようです。

例えば、5回目の筋トレ指導が終わった時にこんなことをおっしゃいました。

「最近、筋肉で体が引き締まってきた感じがする。」

回を増すごとに筋力の発揮が良くなってきて、立ち姿を診ていると締まりが出て来ているかなと思っていました。でも、それはあえてお客様にお伝えしていなったのですが、ご自身で感じてくれたようです。

お客様に合った筋トレをするとアナタが思っている以上に効果を得ることが可能です。特に、これまで筋トレをしていないという方は、のびしろが多いので効果を得るのが早いです。

99e09219c0818535473471f301389770_s

こちらの50代男性のお客様も、筋トレ経験が少なかったので効果を得るの早かったです。

よくこんなことを言われる方がいます。

「私、筋トレの経験が少ないから自分でやって、少し筋力がついたら佐藤さんに本格的な指導をお願いしようかな。」

これ、スゴい勿体ないです。まっさらな状態の方が効果出やすいですからね。

スポーツで「変な癖がついたら直すのが大変!」って、よく言いますよね!

筋トレも一緒です。中途半端な経験が効果を出しにくくなります。

効率的に早く効果を得たい方は、僕のもとに飛び込んで来て下さいね!アナタに合った方法を死にものぐるいで見つけます(笑)

● 僕に言われ、お医者さんに言われ、実際に腸の映像を見て、その夜から食事の意識をさらに高めたそうです。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

ちゃんと自分に合った筋トレがしたいということで、2015年8月から月2〜3回ご予約を頂いている40代女性のお客様から、こんなことを言われました。

「先日、健康診断を受けて来たのですが、佐藤さんに言われたことと同じことをお医者さんから言われました。」

僕は何を言ったと思いますか?

ヒントは、お客様が痩せることも目的としてあるということです。

僕は、お客様のお腹の筋肉の柔軟性と食生活を考慮して、このような声をおかけしました。

「1日3食を食べる必要性がないですね。」

これと同じことを、健康診断の結果からお医者さんに言われたとのこと。詳細は省きますが、検査によると腸の蠕動運動が正しく機能しておらず消化・排泄能力が低下しているそうです。

僕に言われ、お医者さんに言われ、実際に腸の映像を見て、その夜から食事の意識をさらに高めたそうです。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

あなたは、ちゃんと自分の体の状態に合わせた食事の量や回数になっていますか?

ちなみに僕は1日2食ですが、最近の体の状態を考えると1食の量を減らして回数を多くする(1日5〜6食)か、1日1食のどちらかなと思っています。

本当は、1日5〜6食がベストのような気もしますが、1日のスケジュールを考えるとこまめに食べるって難しいから、1日1食かな?

色々と試して、新たな食生活を作り上げていきます。

90代女性のお客さま:顔をほぐされるのって気持ちいいみたいですよ。

佐藤雄一です。

2015年9月から常連様・メルマガ読者様限定で「顔やせストレッチング」の予約受付を開始しました。(2016年2月から一般受付開始)

m001-110

元々は、裏メニューのような感じで常連様だけにこっそりとおこなっていたのですが、お客様から絶対にメニューとして売り出した方が良いよという声が出て来たのでメニュー化しました。

何でもそうだと思いますが、はじめてみると良い点もあれば悪い点が出てきます。悪い点はその度に改善をしていきますので、顔やせストレッチはまだまだ進化の途中です。

さて、手・足・肩のストレッチングを行っている90代女性のお客さまがいます。

行っている内容は整形外科病院のリハビリテーション室で行われているマッサージやストレッチに近いです。元々はお店にご来店頂いたのですが、お店に行くことが体の負担にもなるということで僕がお客様のご自宅にお伺いしています。

僕はダイエットサポートだけでなく、肩こり・腰痛・ひざ痛などの個別サポートもしています。キャリアのスタートはカイロプラクティック治療院が併設されたパーソナルトレーニングスタジオだったり、3年程ですが整形外科病院で腰痛・ひざ痛の方を対象に運動療法を行っていました。

そういった経験から、ダイエットではなく肩こり・腰痛・ひざ痛の個別サポートのご依頼を頂いているお客様も多くいます。

先日、90代女性のお客様にこんなことを言われました。

「顔をほぐされるのって気持ちいいね。今度、足よりも顔を重視してやってもらおうかな。」

手・足・肩という順番で筋肉を伸ばしたりほぐしたりするのですが、最後にオデコやこめかみの辺りを軽くほぐして終わるというのが定番でした。なので、いつも顔の周りはほぐしていたのですが、いつもその時は寝ていることが多いので気持ち良さに気づいていなかったんでしょうね。

最後に顔をほぐそうとした時、僕の気配に気がついたのか目が覚め、顔をほぐされている時の感触をはじめて体感したお客様はスゴく気持ちが良いことを知ったみたいです。

● 筋肉って凄い伸びるんだね!

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

以前、某フットネスクラブで、お腹の引き締めを促すストレッチの無料体験会というのを実施させて頂きました。

僕のダイエットサポートでは筋トレの前後に必ずお腹・腰・股関節周りのストレッチを行います。今回の無料体験はそれを実施しました。

リラクゼーション用のストレッチとは違うので、筋肉の伸ばし方に驚く方が多々いる中、50代女性のお客様からこんな感想をいただきました。

「筋肉って凄い伸びるんだね!」

そうなんです!あなたぼ筋肉は最大に伸びていないんです。特にお腹周りはご自身でしっかりとマッサージやストレッチをしていない…出来ていない部位のひとつです。

伸びない筋肉の周りには脂肪が溜まりやすいです。

057

腹筋のエクササイズを一生懸命に頑張っているのに、ウエスト引き締まらないと悩んでいる方多いと思います。

もしかすると、アナタのお腹の筋肉はちゃんと伸びない筋肉になっているかもしれませんよ?

● キレイな・カッコいい体を作るには、ココをおろそかにしてはいけません!

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

フィットネスクラブに行ったことがある人なら一度は驚いたことがあるのではないでしょうか?

インストラクターの見た目と実年齢の違いに!

僕は、衝撃的でしたね。見た目は30代なのに40代後半とか普通にいますからね。みなさん、人に見られる職業だから入念にケアをしているのかな?

2年くらい前だったと思います。それと同じくらいに衝撃的なことがありました。

実年齢50代で、見た目は30代後半といっても良いくらい素敵なインストラクターがいます。

レッスンを終えたところをすれ違った時、今日も、素敵オーラを発しているなと思って眺めていた時に、ふと肘に目がいきました。その時、事件が起こりました。

肘の周りは年相応のシワがあったんです。

これは衝撃的でした!顔や首など、年齢が出ると言われているところはキレイだけに、肘のシワが際立ってしまっています。

肘って目で確認をほぼしないところなので、手入れが行き届きにくいんでしょうね。

それ以来、僕はお客様に肘は手入れが行きにくいところだから気をつけるように促しています。特に女性は、二の腕の筋量が少ない人が多いですから、肘の周りに張りがなく皮膚がたるみやすくなります。

スキンケアとともに筋量を増やすことも念頭に入れておきましょう!

人は視界に見えるものには注意を払いますが、視界の外にあるものに関しては注意が疎かになります。

筋トレで言えば、胸と背中が代表的でしょう!

胸の筋トレは目に見えるところなので一生懸命に行いますが、背中は胸と比べると量や質が低下します。なので、胸と背中の筋量がアンバランスになって骨格を歪めている人が多いです。

腹筋と背筋も同じことが言えますね。

どうも、一般的に腹筋を強化すれば何にでも効果があると腹筋最強説があります。腹筋を鍛えることがとても重要ですが、背筋もとても重要なので同等に扱って欲しいなと思っています。

キレイな・カッコいい体を作るには、視界の外にある見えないところに目を向けることが大切ですよ!

763989a20df7530542b344729edd2414_s

● スイーツを食べてはいけないではなく、スイーツを食べるにはどうしたら良いかを考える。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

「痩せたいけど、スイーツを食べるのはやめたくない!」

こう思っている人って多いのではないでしょうか?体脂肪率を1桁台にしたいというなら話は別ですが、標準の体重・体脂肪率・体型であれば必ずしもスイーツを食べることをやめる必要はありません。

だった、僕は体重17kgを落とした時、週2〜3回はMr.ドーナツでドーナツを3〜4個(もしくは飲茶セット+ドーナツ)食べていました。今でも、週1〜2回は好きなだけ食べています。

10676354_925575247513055_8420520682289487062_n
12246835_962551807148732_5459083124771696455_n
12243390_959281284142451_8770916637446388352_n

Evernote Camera Roll 20150122 154336

12310497_965834610153785_6539229378736161476_n

それでも、体重が増えることはなく体脂肪率も11%台です。ドーナツを食べるのをやめたら10%切っちゃうかもね(笑)

週1〜2回、ミスドにいるので周囲の方から「佐藤さんは、ミスドが好きなんですね。」って言われることが多いですが、決して好きなわけではなく、PC作業をするのに都合が良いので利用しています。

さて、ドーナツや飲茶などの糖質を多く食べても体重を17kgも減らすことが出来たのは何故だと思いますか?

答えは簡単です。どうしたら減量中でもスイーツが食べられるかを考えてマイルールを作りました。

そのマイルールを知りたいですか?大きくわけると2つになります。

その1「スイーツは間食ではなく食事!」

その2「17時までだったら食べても良い!」

たったこれだけです。このマイルールを頭に入れて1日の食事をすることで、17kg落とすことが出来ました。特に精神的ストレスも感じなかったですね。

ダイエットに失敗する人って、思考がネガティブなことが多いです。それを、全部ポジティブに転換すると精神的ストレスを軽減することが出来るので失敗することがなくります。

「痩せるために〜を食べないでなく、〜を食べるためにどうしたら良いだろう!」

僕は、常にこれを念頭に自身の減量やダイエットサポートをしています。あなたも今日から思考を変えてみませんか?

● あなたはダイエットに失敗をします。成功のポイントは生活習慣にあります。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

ダイエットに失敗する人はこんな人です。

一時的に体重・体脂肪率・体型を変えることが出来ても結局は心地よい自分なりの生活習慣に戻ってしまう人。

心地良い自分なりの生活習慣に戻ってしまった途端にリバウンドが始まります。あなたは大丈夫ですか?

もし、心当たりがあるようでしたら、今日から思考や行動を変えてみましょう!

体重50kgになりたいのであれば、体重50kgの生活習慣を身につける。

これが、ダイエットに成功するために必要な思考です。

体重60kgの生活習慣では、体重50kgになることは出来ません。一時的にはなれたとしてもスグに戻ってしまします。

あなたが理想とする体重・体脂肪率・体型の生活習慣を手に入れるためにはことなことを検証していく必要があります。

・1日にお腹がギューっと何回くらいなるのか?

・何を食べたら体重が維持出来て、何を食べたら体重が増えるのか?

・理想の体型になるためには、どんな運動を継続して行うのが良いのか? etc

検証なので、成功もあれば失敗もあります。でも、失敗したからといって悔やむことはありません。

失敗したことをすると、体重が増えたり・体型が維持出来ないというのを知ることが出来たのですから!それに、そこからリカバリーする方法を見つけておけば、リバウンドしかけた時にすぐに対処出来ますしね。

理想の生活習慣が見つかるまでは苦しいと思うかもしれません。でも、それが見つかって手に入れた時を想像してみて下さい!

ワクワクしませんか?

● 1日300回腹筋のエクササイズを行ってもお腹が凹まないし痩せないのは何故?

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

以前、30代女性からこんな質問を受けました。

「1日300回腹筋のエクササイズを行ってもお腹が凹まないし痩せないのは何故?どうしたら効果でますか?」

これに対して僕が思うこと・回答を辛口で書きますね。自分に言われていると思って読んでみて下さい。

アナタが期待している回答は効率的に効果が出る方法ですよね? 300回しなくても効果が出る方法はたくさんあります。

ただし条件があります!それをクリアしなければ効率は良くなりません。

僕は上記のような質問を受けた時は、「300回で効果が出ないのであれば600回、800回、1000回と効果が出るまでやりましょう!」と答えています。

300回で効果が出ないのは筋肉に対しての負荷・刺激が足りないんです。足りない負荷や刺激を補うには回数を増やして上げれば良いです。

スクリーンショット 2015-12-01 20.57.11

実際、僕はメインで鍛えたい部位はかなりの回数をこなします。厳密に言うとセット数を増やしています。

最低5セットで多い時は10セット以上行います。回数で言えば50から100回は行うことになります。

よく10回×3セットと言いますが計30回…これは、筋トレ最上級者でないと本当の効果は引き出せないと思います。筋トレ最上級者は筋肉を意識的にコントロールするのが上手ですので、回数が少なくてもちゃんと負荷や刺激を筋肉に入れることができます。

意識的にコントロール…マッスルコントロールと呼ばれるテクニックを身につけることが効率的の効果を出す方法です。あなたはマッスルコントロール出来ますか?

実はマッスルコントロールを身につけるためにも回数を行うことが重要なんです。何でもそうだと思いますが技術を身につけるためには数をこなすことが大切ですよね?

数をこなしながら効率を覚える。

僕は数をこなしているので、各種エクササイズの効率的な方法を知っているので、それをお伝えすることは出来ます。伝えるのは簡単ですが、残念ながらアナタは僕の言った通りには出来ないでしょう!

何故なら、筋トレの回数が絶対的に足りないから!

僕のダイエットサポートを受けるとわかりますが、メインターゲットに対してあの手この手でしつこいほど、負荷と刺激がを入れます。

● ココの筋肉をストレッチすると首が長くなったように見えます。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

多くの方が首(頭)が前に出てしまっています。

首が前に出ると、首と肩の距離が縮まるので、首が短い人に見えてしまいます。体重・体脂肪率が落ちて痩せた体になってきたのに、首が前に出ていると骨格の見栄えがとても悪いです。

僕は、お客様に「痩せたら痩せたなりに立ち振る舞いを変える責任を持つ必要がある。」と言います。

髪型・メイク・服装・歩き方など、体型に合ったものがあるので、体重・体脂肪率が落ちるにつれてそれらも変えていくとより周囲の目が変わりますよ。

さて、首が前に出てしまっている原因のひとつは鎖骨についている首の筋肉が硬くなっているからです。

1d84f5ab1cb199a3aaef08759e65a1ad_s

この場所をピンポイントでストレッチをすると、首と肩の距離が元に戻るので首が長くなったように見えます。ただ、ここってストレッチやマッサージしたことがない人が多いので、ストレッチをすると痛がる方が多いです。

● 脂肪を燃焼させるためには皮膚の柔軟性も重要ですよ!

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

柔軟性といえば、筋肉を思い浮かべる方が多いと思います。実は、皮膚にも柔軟性ってあるの知っていましたか?

触ってみるとわかりますが、筋肉が硬いところは皮膚が硬くてつかみにくいです。

つまめたとしても、皮膚に脂肪がついているので分厚です。これ放置しておくと皮膚と脂肪が硬くなり、その下の筋肉も硬くなるので関節が動かしにくくなります。

関節が十分に動かないと活動量が減少するので、さらに脂肪がたまる。どんどん悪循環にはまっていきます。

脂肪を燃焼させるためには筋肉の柔軟性が重要になるので、ウォーミングやクールダウンで念入りに筋肉をほぐしたり伸ばしたりしています。その時に皮膚も硬いようでしたら、最優先して皮膚にストレッチを施します。

硬くなった皮膚や脂肪はストレッチをすると痛みを伴いますが、脂肪燃焼を促進されるためにそこは耐えてもらっています。

● 60代女性達に評判が良かった自分で出来る筋肉ほぐし

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

先日、主に60代以上の女性が多く集まったグループセッション(30名参加)でのこと。その日は、寒かったので手や足が冷えているだろうなと思ったので、温めるために簡単な筋肉ほぐしを行いました。

最初に足をほぐして、その後に手をほぐしました。

足の筋肉をほぐす人って多いですが、手をほぐす人って少ないからでしょうか?手のひらの筋肉ほぐしに対して、皆さんからこんな声があふれていました。

「これ良いね!」

手のひらをほぐしている時も気持ち良さもありますが、何より終わった後に指がスゴい軽く動くようになるので、それがまた気持ちいいんですよね。

何人か気に喜んでくれるとは思っていましたが、想定していたよりも喜ばれたのでビックリしました。

今回のグループセッションではないですが、30代の女性が手のひらの筋肉ほぐしを受けた後に「スゴい手に力が入るようになった!」と言っていました。手・指って日常で使わないことはないですが、大きく動かすことってありませんよね?

そのため、意外と筋肉の弾力性や力発揮が出来なくなっていたりします。弾力性や力が発揮出来なくなると、血液循環も悪くなるので定期的にほぐしたり伸ばしたりするとおすすめいたします。

そうそう!ちょっと気になって、「手のひら ダイエット」と検索してみると、ダイエットに効果的という情報が色々と出てきました。

僕は、ちゃんと検証したことがないので今の段階では自信を持って効果ありますと言えませんが、これから色々と検証してみたいなと思っています。

何か効果を感じることが出来たら、随時ご紹介しますね!

最後に、ホットパックみたいと言われる僕の手をお見せいたしますね(笑)

手のひらダイエット

● 前日よりも、ちょっとだけ体重・体脂肪率が落ちることに喜びを感じよう!

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

最近、僕のブログやFacebookの投稿を見て、それを実践した人が効果・結果が出たという声をよく聞きます。このような声は嬉しいことですが、僕の直接指導を受けないで効果・結果を出されては、僕の仕事が無くなるのでヤメて下さい!(笑)

これからも、何かしらお役に立てる情報をご提供出来るようにネタを捻り出しますね!

さて、体重・体脂肪率を落としたいけど、途中で挫折してしまうというアナタにおすすめの思考を教えちゃいますね。

前日よりも、ちょっとだけ体重・体脂肪率が落ちることに喜びを感じよう!

体重・体脂肪率を落とそうと思った時に、一気に落としたいという気持ちが強いと思います。この思考で運動や食事制限をすると、数値が思うように減らないと嫌気がさして挫折しやすいです。

ちょっとこちらの写真をご覧下さい。

IMG_2934

これは、体重を15kg以上落とした方の記録です。1ヶ月で約4kg落ちているのですが、よく見ると1kg前後の増減を繰り返しながら、徐々に体重が減っているのがわかると思います。

ちなみに、翌月はこんな感じです。

IMG_2936

前日の体重・体脂肪率と比べて増えているのか減っているのかを見ていきます。増えているのであれば、何で増えたのかを考える。減ったのであれば、それに喜びを感じる。

これを繰り返していると1ヶ月後にはちゃんと体重も体脂肪率も減っているんです。小さな成功の積み重ねが大きな成果に繋がるってことですね。

前日よりも、0.5kg減っていれば十分な成果だと思って下さいね!