● お尻を引き締めをしたいと考えているあなたにポイントをご紹介しますね。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

ブログに「スクワットをする時にお尻にしっかりと効かせるためのポイントを教えちゃいますね。」という記事を書いたら、通常記事よりもアクセスがあって驚きました。

お尻の引き締めに興味ある方って多いんですね。ということで、お尻の引き締め記事の続編です。

あなたは、お尻を引き締めるためにどんなことをしていますか?お尻に効かせる筋トレと言えばこんなものがあります。

お尻を使う筋トレ

・スクワット

・キックバック

・ヒップリフト

・ワイドスタンススクワット etc

これらを行うことで、お尻をしっかりと引き締めることが出来ます!で、終わったら今回の記事の意味がなくなってしまいます。(笑)

とても有効なエクササイズではあるのですが、とある部位の筋肉が硬くなっているとお尻に効かなくなるので効果を得られません。

さて、どこの筋肉だと思いますか?たぶん、ここを意識的に伸ばしたり解したりしている方は少ないと思います。

札幌 ダイエット お尻の引き締め

お尻と太もも裏の付け根です。(坐骨の付近)

ここが硬いと、骨盤を後ろに引き込んでしまいお尻周囲の筋肉に力が入りづらくなります。

※お尻にしっかりと効かせるためのポイントは、こちらに書いていますのでご覧下さい。

お尻のエクササイズを有効に行うためにも、エクササイズを行う前にお尻と太もも裏の付け根を伸ばしておきましょう!

お尻と太もも裏の付け根の伸ばし方

お尻と太もも裏の付け根にテニスボールを当てて、ボールの上に座ります。ボールにしっかりと体重を乗せながら体を横に揺すります。

体をゆすりながら、ゴリっとする場所を見つけて下さい。見つかったらそこを重点的に20〜30秒伸ばします。(ほぐします。)

左右交互に2〜3セット行って下さい。

お尻の引き締めだけでなく腰痛改善にも有効的なので、ぜひ行ってみて下さいね。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一でした。