▼サークル活動への道!カラダの『身体操作』を上達させる基礎運動(2)

パーソナルトレーナーの佐藤雄一です。

こちらの記事の続きです。

2011年10月から、NAS東札幌にて『楽〜だ体操』というスタジオレッスンを担当させて頂いています。(毎週金曜日11:45〜12:15)

僕はマンツーマン指導の専門家です。なので、複数を対象にした指導は、この『楽〜だ体操』のみです。他のフィットネスクラブでスタジオレッスンを担当はしていませんし、自主開催でレッスン活動もしていません。

そんな僕ですが、新たな活動としてサークルを立ち上げようと思います。

サークルと表現しましたが、僕の理想としては、参加者の方々に指導するのではなく、僕が日頃行なっているセルフケアや自重トレーニングをみなさんと一緒に行う場です。

と言っても、全く指導しないわけではないですよ。一緒にカラダを動かす前に、概要をきちんとお伝えします。その上で一緒にカラダを動かしたいなと考えています。

前回の投稿は、こんな文で締めました!

僕の教えるほぐし方は「ほぐす・伸ばす=気持ち良い」というのを望んでいる方には、全く向かない方法です(笑)では、どんな人になら向いているのか?それは次回、お話しますね。

僕のほぐし方は、ほぐしている時は痛みがあっても、その後にカラダが快適に動けば良いと思える人向きです。

決して、痛みを感じさせようと思っているわけではないのですが、お客さまのご依頼に応えようとスキルを磨いていたら、『痛いけど、後が快適』ということになってしまいました。

「カラダが快適に動くようになるから、痛みに耐えるけど………」と、お客さまの言われること多々あり(苦笑)

僕が、あなたの筋肉を直接ほぐすにしても、テニスボールを使って、あなた自身が筋肉をほぐしても、新感覚を味わえますよ(*´꒳`*)

Comments are closed.

Post Navigation