◯◯を鍛えながら◯◯を落とすというのが、ひざ痛を改善するためのセオリーです。

佐藤雄一です。

2003年〜2006年まで整形外科病院で、ひざ痛の患者さまの個別運動療法に携わっていました。60〜70代の女性が多かったのですが、指導中にこんなことをよく聞かれました。

「(ひざ痛を治すには)体重を落としたらいいんだよね?」

ひざ痛を改善するために、体重を落とすというのは正解でもあり、不正解でもあります。指導していた患者さまの大半は、過体重で関節に負担をかけていたのは確かでした。なので、体重を落として関節への負担を減らすというのは、とても重要になります。

ですが、体重を落としただけでは、ひざ痛の根本が治ったとは言えません。関節に負担をかける要因は、体重だけではないからです。

知っていますか?筋肉には、重力や自分の体の重みから体を支えるための抗重力筋というのがあることを!

944e59358955e6eef1a156033fe2a666_s

この抗重力筋がしっかり働いていないと、重力や自分の体の重みを下半身の筋肉や関節に過大にかけてしまいます。

ひざ痛を改善するためには、抗重力筋を鍛えながら体重を落とすというのがセオリーです。

2000年より医療・フィットネス・スポーツに関わる方の個別サポートをおこなっています。

肩こり・腰痛・ひざ痛の改善、きれいなスタイル(ダイエット)や細マッチョ作り、ゴルフ・マラソン・テニスなど各種スポーツのスキルアップなどのご依頼を承っています。

質問・感想・お問い合せメールフォーム


木〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)

札幌市中央区南3条西9丁目999-1 新和プラザビル3F 札幌ボデイファクトリー


Comments are closed.

Post Navigation