● 短期決戦! とあるモデルさんが実践している減量成功の秘訣 10箇条

ダイエットプランナーの佐藤雄一です。

とあるモデルさんが実践している減量法の情報を入手したので、皆さんにもシェアしますね。

1.ダイエット中も良質の油は必ずとる

良質油分は長く満腹感を与え、食べる量を減らすことができます。オリーブオイルやアーモンドなどのナッツ類、アボガドなどを食べて、しっかりと良質な油をとることです。

2.タンパク質の量をアップ!

やせるために減らす人が多いけど、タンパク質はしっかりととること。魚、鶏肉、大豆など豆類、赤身肉、卵などは満腹感を与えるだけでなく、血糖値のバランスを整え、満腹感を長時間感じさせてくれます。

3.フルーツと野菜から食べる

低カロリー・高栄養・高食物繊維のフルーツ・野菜の摂取を心がけると、無性に食べたくなる衝動や空腹感が非常に軽減されます。

4.穀類をカットしない

食物繊維をとることから考えても穀類(炭水化物)の主食は大事。玄米や全粒小麦・全粒穀物パンなどに代表される全粒粉食材を少しは摂ること。

5.「白い」精製食品は完全カット

減量期間だけでも、すべての種類の精製食品をさけましょう。精製炭水化物1gの摂取に対し、3gの水分を体に溜め込むので、身体はむくんでしまいます。

6.食事は規則的に、19時以降は食べない

食事を抜くと身体は飢餓感を感じ、カロリー燃焼率を下げ脂肪細胞をためこむようになります。19時以降はあらゆる炭水化物をカットして、野菜スープなど軽めに!

7.塩分を控える

塩気の強い食品を食べると、身体は水をためこもうとします。そうするとお腹が張ったり、体重が増えたりむくだりします。

8.カロリーアップのお酒は我慢

普段なら、赤ワインを食事と一緒に楽しむのは結構です。最新の研究では、赤ワインに含まれるレスベラトロール(抗酸化物質)は、脂肪をためこまないようにする働きがあるのではといわれています。

9.必ず7〜8時間眠ること

睡眠時間が短いと逆に体重が増えるのです。睡眠不足が続くと食欲抑制がきかなくなり、血糖値の調整にも支障がでます。

10.有酸素運動をたっぷり!

早く体重を減らすためには、有酸素運動を多めにすることです。そして代謝を高めるのに、1週間に4回はウエイトトレーニングをすることが大切なポイントです。

参考になりましたか? 全てを実践するのは大変なので、出来ることからコツコツとやってみるのが良いと思います。

2000年より医療・フィットネス・スポーツに関わる方の個別サポートをおこなっています。

肩こり・腰痛・ひざ痛の改善、きれいなスタイル(ダイエット)や細マッチョ作り、ゴルフ・マラソン・テニスなど各種スポーツのスキルアップなどのご依頼を承っています。

質問・感想・お問い合せメールフォーム


木〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)

札幌市中央区南3条西9丁目999-1 新和プラザビル3F 札幌ボデイファクトリー


Comments are closed.

Post Navigation