● ダイエットのために走っているあなた!ココにご注意下さいね。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一です。

脂肪を燃焼させるためには有酸素運動を20分以上行う必要があると、一生懸命に20分以上走っている方を多く見受けます。

札幌 ダイエット 内蔵疲労

中には、トレッドミル(ルームランナー)で30分程走って、エアロバイクを30分漕いで、さらにトレッドミルを30分以上行うという方もいますね。

脂肪燃焼するためには、とにかく有酸素運動が大切というのが伝わってきます。

はい、ここからが本題です。

みなさん、走ると筋肉や関節に負担がかかるというのはイメージ出来ると思いますが、実は「内蔵」にも負担がかかっているって知っていますか?

走っている時に内蔵が揺れるので、それが負担になります。

内蔵に負担がかかり過ぎると機能が低下するので、疲労回復や超回復が起こりにくくなり運動効果を得られません。

症状としては、こんなものがあります。

・顔や手足がむくむ

・胃腸の調子が悪い(下痢、便秘)

・眠くて寝ても疲れがとれない

・食欲がなくなり、胃もたれ感がある

・なんとなく疲れがたまっている感じがして、だるい、しんどい

一生懸命に有酸素運動を行っても脂肪燃焼どころか、逆に体を壊します。

僕のお客様ではありませんが、こんな事例があります。

日々、一生懸命にトレッドミルで走っている人が、何だか体の調子が悪いと思って病院で診察をしたら、内蔵(詳しくはどこか忘れてしまいました。)の機能低下をしていて、ドクターから運動の中止を宣告されました。

走ることは全身運動なので、ダイエットにはとても最適ですが・・・諸刃の剣でもあるので、自分のコンディションを見極めながら行って下さいね。

ダイエットアドバイザーの佐藤雄一でした。

Comments are closed.

Post Navigation